フルール ド ロテュース「蓮」

 フルール ド ロテュース  Fleur de Lotus

アジアをイメージしたこのワインの名前は「蓮の花」を意味し、いろいろな料理に合わせられるとても守備範囲の広いワインです。

ゲヴュルツトラミネール種の華やかな香りが、香辛料のきいた中華料理やエスニック料理にもよく合います。

ピノークセロワはワインにボディーを、ゲヴュルツトラミネールはスパイスとふくよかさを、

リースリングは酸味と長い余韻をワインに与えます。

テイスティング・ノート

味わいはクリーンで鋭く切れの良い酸味によく熟した果物のような甘味があります。

ぶどう品種

ピノ・オークセロワ60%、ゲヴュルツトラミネール30%、リースリング10%
単一ぶどう品種が特徴的なアルザス地方のワインの中で、ともすれば多品種をブレンドしたワインは軽視されがちですが、

ジョスメイヤーが造るこのワインは違います。

決して売れ残りのブドウ品種をブレンドするのではなく、高品質のブドウを用いて、

完成された味わいを求めてこのワインは造られます。

醸造

収穫は全て手作業で行い。圧搾は5-8 時間かけて引く圧力でゆっくりと行います。

発酵は温度コントロール可能なステンレスタンクで同社野生酵母を使って(何も酵母菌は添加せず自然に任せ)ゆっくりと行い約4 週間かけて行います。

同社では全てのワインに対して乳酸発酵は行いません。品種毎に醸造は行い、最後にブレンドします。

 

 

おすすめ商品

  1. フルール ド ロテュース「蓮」
  2. リースリング レ・ピエレ
  3. ピノ・ブラン レ・リュタン
  4. ピノ・オークセロワ  “H” ヴィエイユ・ヴィーニュ
ページ上部へ戻る